疲れが取れないのは血液が足りてない!?

こんにちは!
たかぎ整体院です!

やはり今年は雪が降らない年になりました(^_^;)
今朝はサラッと降りました。家の小さい木に雪が積もってなんだか、桜!?のように見え綺麗でした(*^ー^)ノ♪
最近は、新型肺炎も更に蔓延しそうですね…
うがい、手洗い、マスク等自分でできる予防は行っていきましょう!
健康第一です!

さて、疲れが取れないのは血液が足りてない!?
というタイトルですが、睡眠不足でもないし。規則正しい生活を送っているつもりだけれどなんとなく疲れが取れない…
そんな症状に悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

そもそも、肉体疲労とはどのようなメカニズムでおきるのでしょうか。
原因はいくつかあると思いますが、なかでも活性酸素が細胞を強く酸化させてしまうことが大きな理由の一つだと考えられてるようです。

人は生きていく上で、筋肉、脳等、あらゆるところで大量の酸素を使っています。
そのため、その過程で生まれる強い酸化作用を持った活性酸素を抑えることができないようです。
活性酸素が細胞を酸化させると老廃物が作られます。
普通、老廃物は血液によって全身に運ばれて最後は体外に排出されます。 
これがうまく働かずに、いつまでも体内に蓄積してしまうと、人は疲労感を覚えるらしいです。

まだまだ説明ありますが、今日はこの辺で(^_^;)
この続きは次回にさせてもらいます。

では、皆さん頑張っていきましょう!

sdr